家電を買うときは販売店の都合を考える

家電を買うときは販売店の都合を考える

家電を買うときは販売店の都合を考える

会社の営業担当者であれば、ものを売るとき、買い手の事情を考えるでしょう。
買い手が忙しい時に売り込みに行っても追い出されれるだけです。
買い手が来て欲しいと思っている時を見計らって行くようにするのです。
ビジネスをしているのであれば、それなりに事情があるものです。
その事情を知っておけば、その事情に合わせて、行動すれば、お得になることがあります。
同じ物を購入するのでも、1日違うだけで価格も異なることがあります。
一般市民がよく買い物に行くところとしては、家電量販店があります。
こちらでものを買うときは、販売店の事情を知っておけば、お得に買えることがあります。
まずはどのような事情があるのかを調べるようにしてみましょう。

よく言われるのが、2月に安くなる説です。
量販店のほか、スーパーなどは2月末に決算をするところが多いです。
つまりは、2月の売上で1年の売上が決まります。
予定の売上に達していなければ、達するために無理をしてでも売るのです。
そのために安くなると言われています。
あくまでも2月決算の会社に当てはまるので、3月決算の会社であれば3月になります。
注意しておきましょう。
2月以外において安くなる時期といいますと、1月があります。
最も売れる時期といっても良いのが12月です。
年末とクリスマスが重なっているからです。
これが終わった時点で、ある程度売上の達成度も決まってくるのでしょう。
そのために用意したもので売れ残ったものを処分売りするのが1月です。

逆に高くなる、あまり安くならない時期はいつでしょうか。3月から4月にかけてと言われています。
この時期は、新生活を始める人が多く、ただでさえ人が多く来る時期です。
普通の値段にしていてもどんどん売れるのです。
ですから、あまり値引きもしてくれません。特に急ぎで買うものがないのであれば、様子を見たほうが良いでしょう。
お店の事情もありますが、商品自身の事情もあるので、それが重なると、より安くなることもあります。

Copyright (C)2015家電を買うときは販売店の都合を考える.All rights reserved.